尿道炎に使うジスロマックと白いカビに使う抗真菌薬

尿道炎の男性
性を生業とする業界を中心として、性行為を多くの人と行っている場合には性病への感染をある程度は懸念しなければなりません。
性病は知らないうちにかかってしまっていて、長い潜伏期間を経て発症するということもあります。
その最たるものとして知られているのがエイズであり、初期症状として風邪のような症状があるものの、何年から十何年という無症状の時期が続いてしまいます。
その間はエイズであるということを認識できる機会はなく、自分は健康だと思って性生活を送ることになりがちなのです。
そういったハイリスクな性病もある一方で、明らかな症状が出る場合もあります。
性病のほとんどに共通するのが性器に異常を感じるという点であり、自分の性器の変化に敏感になっておくことが大切です。
男性の場合には尿道にかゆみを感じたら尿道炎を疑うのが賢明であり、淋病やクラミジアの可能性があると考えると良いでしょう。
尿に白い膿がでるときには淋病の可能性が高いものの、素人目にはこの二つを区別することは困難です。
検査を行って確定診断を行うのに越したことはありませんが、ジスロマックでいずれにしても治療ができます。
ジスロマックはクラミジアにも有効な抗生物質であり、性病治療において汎用されています。
しかし、ジスロマックも万能というわけではなく、白いカビのようなものが性器に見られたときには効果がありません。
白いカビの原因はカンジダ菌であり、抗真菌薬を活用することが必要になります。
こういった性病はエイズと一緒に感染してしまうこともあるため、何らかの性病にかかったということがわかってしまった場合には適切な時期にエイズの検査も受けておいた方が良いでしょう。

■カンジダに効く薬
カーネステンクリーム